人生とは、歳を重ねるごとに楽しくなる〜かみむらゆい Facebook log〜

31才になりました!!

世間的には、あんまり大声でいうような年齢じゃなさそうやけど。笑

 

わたしにとって、「人生とは、歳をかさねるごとに楽しくなる」もの!なので、とてもうれしいです!

 

 

+ + + +

 

 

夏目漱石の「草枕」が大スキで、10代のころから何度も読んでいるのだけど◎

 

序盤に有名な一節があります。

 

===

世に住むこと二十年にして、住むに甲斐ある世と知った。

 

二十五年にして明暗は表裏のごとく、日のあたる所にはきっと影がさすと悟った。

 

三十の今日はこう思うている。

 

喜びの深きとき憂いいよいよ深く、楽みの大いなるほど苦しみも大きい。これを切り放そうとすると身が持てぬ。片づけようとすれば世が立たぬ。金は大事だ、大事なものが殖えれば寝る間も心配だろう。恋はうれしい、うれしい恋が積もれば、恋をせぬ昔がかえって恋しかろ。閣僚の肩は数百万人の足を支えている。背中には重い天下がおぶさっている。うまい物も食わねば惜しい。少し食えば飽き足らぬ。存分食えばあとが不愉快だ。

===

 

これは、30になると「重荷が増える」とか「生きづらくなる」というようなことではなく。

 

 

いくつになってもこんなことは、あるのであって。

 

これらの機微がある“からこそ”、人生は彩り豊かに、深みを増す。

 

それらを味わい、楽しむ余裕が、ようやく30にして出てくるのだということ!

 

と、わたしは解釈&実感しています。

 

 

+ + + +

 

 

実際、いまわたしの周りには、年齢を重ねるごとに、自由で生きやすく、より寛大に、より豊かになっていくお姉さん・お兄さんばっかり。

 

じぶんも、そう。

 

 

+ + + +

 

 

日本のいまの同世代や少し下の世代には、「若さが絶対」かのように焦っている子たちも多いけど・・

 

ぜ〜んぜん、そんなことないから。

30代からこそが楽しいから。

 

っていうのを見せつづけられる

じぶんで在れればと思います◎

 

 

というのも自社にかかわる若いPRライターちゃんたちがどんどん増えて、ますます思うようになりました。

 

安心して、自信もって、年齢を重ねていってもらえるように。

ますますおもしろくなる人生をともに生きてゆけるように。

 

 

+ + + +

 

 

そんなわけで、わたしは、31才もめっちゃくちゃ楽しみます!

誕生日おめでとうコメントやメッセージありがとうございました。