「怖い」という言葉〜かみむらゆい Facebook log〜

「怖い」という言葉を、自社にかかわるメンバーから聞くことが増えた。

 

わたしにも、怖いことはたくさんある。

これまで何度もあったし、今もある。

 

 

ニューヨークへ渡ったとき。帰国したとき。

会社をやめたとき。大好きな恋人と別れたとき。

 

忘れた分も含めたら、何億回に及ぶのか・・・?

 

 

自分の想いを伝えることは、今もたまに怖い。 

決断して、前進することは、今もたまに怖い。

 

「このままなんとなく続けてればいいやん」

「また、誰かを傷つけてしまったらどうしよう」

「うまくできるのかな」

「やっぱりやめようか」とか、思うよ。

 

 

だけど

 

怖いってことは

自分で「未来を創ってる」ってこと!

 

何が起こるかわからないからこそ、怖いんだもん。

 

「こうなるだろう」って予測がつくうちは、

ただ、過去の記憶の中を、生きている。

 

 

怖いってことは、

ほんとうに向かいたい方へ進もうとしてるってこと!

 

「怖い」にも関わらず、「安心」な方より惹かれてるんだもん。

それほど心が望んでるんだよ。

 

 

怖いなら、怖いからこそ、

いま、ほんとうの望みを叶えているところ。

 

 

つまり「怖い」ってことは「幸せ」ってことなんだ、きっと。