できるWebライターは知っている!マーケティング「AIDMA」の法則

PRライターのふじもとです。 

Webライターとして活躍されている人って、つまりクライアントから求められている人ですよね。つまり、企業のニーズを満たしているということです。 

企業が求めていること、それは直接的または間接的にでも、収益に貢献できることです。

「企業の収益に貢献するなら、マーケティングの基礎知識である『AIDMA』を意識すると良いですよ」と、かみむらさんがおっしゃっていました。


わたしは初めて聞く単語だった、AIDMA。
記事全体を通して、この「AIDMA」を意識した記事を書くことができれば、グッとクライアントのニーズに応えられる文章が書けるようになります。

今回は、オウンドメディアを運営している企業から「記事コンテンツの執筆」の依頼を受けた場合、AIDMAの法則をどう活かすことができるかについてお話していきますね。


■目次
1 「AIDMA」の法則って、なに?

2 Attention:タイトルやアイキャッチで注意をひく
3 Interest:リード文や見出しで興味をそそる
4 Desire:内容で「欲しい、関わりたい」と思ってもらう
5 Memory:記憶に残す
6 Action:行動をうながす
7 Webライターとして活躍しよう 


↓ 記事の全文を見る ↓