Mikako Sakai(PRライター)

Mikako Sakai

幼い頃から日本、海外の食文化に強く関心を持つ。

「本当の日本の食文化を伝える」という思いから、100人以上の外国人観光客のガイドを経験。

現在はPRライター、イベントの空間設計、食育活動を行う。

食を通じて人を繋げられるビジネスを立ち上げる準備段階。



●記事

フリーランス志望の女性に贈る「本当にやりたいこと」の見つけ方 〜頑張るアラサー妻の夫婦仲をあげる・あげガールコーチ 佐藤久恵さん〜 - @ninoya_blog

「今は会社員でバリバリ働いているけど、いつか独立してフリーランスになりたい。」 しかしフリーランスの働き方が想像出来ず、ハードルが高くなってはいませんか?また、自分の本当にやりたいことが分からない女性は多いのではないでしょうか。 現在、あげガールコーチとして、頑張るアラサー女性向けの夫婦仲修復&恋愛におけるコーチングをされている佐藤久恵さん。元々大企業で従順満帆なキャリアウーマンの道を歩んでいた佐藤さん。 どのように「独立すること」に対するハードルを下げ、また本当にやりたいことを見つけたのでしょうか。 「自分がやりたいこと」は思いがけないところからやってくる?! ───佐藤さんがフリーランスを志したきっかけはなんですか? 佐藤久恵(以下、佐藤):きっかけは、パートナーとの離婚でした。 大学卒業後はいわゆる大企業に就職し、25歳で結婚をしました。しかし当時のパートナーに対して、わたしは常に上の立場に立とうとしており、いわゆるモンスター妻でした(笑) 夫を蔑ろにしすぎて夫婦仲が悪化していき、最終的に離婚に至ってしまったのです。一生を誓い合ったパートナーから拒絶をされ、すごく悲しかったんです。 でも、まずは自分が変わりたいと思いました。そして同時に、男性に負けじとバリバリ働いているような女性こそ、自分と同じようにパートナーとの関係を崩している方は多いのではないか?と思ったんですよね。 「自分みたいな悲しい思いをする人を一人でも減らしたい」という思いはどんどん募り、仕事と家庭を両立できる女性を増やすために独立を志したのが、28歳の頃でした。 ───現在あげガールコーチとして、どのようなお仕事をされているのですか? 佐藤:恋愛や夫婦仲修復を専門として、「男性を立てて、仕事も家庭も両立できるような女性」を増やすために、主にアラサー女性向けのマンツーマンのコーチングやセミナーを行っています。 その活動を通して、「子どもが憧れる笑顔の夫婦でいっぱいの社会づくり」をすることが、わたしのミッションです。 ちなみに、「あげガール」は、「賢い女は男を立てる」というわたしの人生のバイブルでもある本が、発案の元になっているんです。

株式会社ninoya