Raine Tairer(PRライター)

Raine Tairer

大学時代、アメリカにてピアノ・ボーカル・作曲をメインに音楽留学を経験。

その後、インターネットマーケティング・人材系のベンチャー企業に就職し、SNS運用コンサルと、PR部門の立ち上げから1人広報を勤務。その後、PRエージェンシーにてグローバルWebサービス、スタートアップ、ラグジュアリーブランドなどを中心にPRコンサルタントとして勤務。

現在、itty selection Inc.にて独立・起業を目指しPRライターとして活躍する。



●記事

PRは、世の中を変えていくからおもしろい。ビジョンをかたちにする、ストーリーデザインとPRの基本~株式会社am. 代表取締役 岡山 史興さん~ - @ninoya_blog

会社のフェーズとして、そろそろ「PRについて考えないと……」と、頭を悩ませる経営者や担当者の方もいると思います。 今回、PR会社として、スタートアップを中心に60社以上のさまざまな会社の新規事業、経営戦略、マーケティング戦略を手がけてきた株式会社am.代表取締役の岡山史興さんに、PRライターRaine Tairerがお話を伺いました。 「PR視点でストーリーデザインすることが、会社を成長させるカギ」と岡山さんは言います。それは一体どういうことなのでしょうか。 PR=世の中を変えていくということ ───まずお伺いしたいのですが、PRの本質とは何だと思いますか? 岡山史興(以下、岡山):PRのゴールは、必ずしもメディアに掲載されることだけではありません。 PRとはパブリックリレーションの略で、その本質は「いかにしてステークホルダーと良い関係を作っていくのか」、「作った先にどういう未来があるのか」を考えていくことなんですよね。 どんな目的のためにその関係作りをしていくのか、ビジョンを明確にすることが重要です。難しく考える必要はありません。まずは、会社や自分のビジョンが達成されていったらどうなるのかを考えることから始めてください。 世の中がどういう風に変化し、それが人々の生活にどう影響するのか。さらには子どもたち世代が成長していく過程で、どんな未来が待っているんだろうと。 これを、しっかり創っていくことを、自社ではストーリーデザインと呼んでいます。そうやって考えていくと、どうしたらその事業や会社が成長し続けるのかが自ずと見えてくるはずなんです。 そうすれば、ターゲットに届くメッセージや手段はどんなものが良いのか、どんな風に展開していけばいいのかという道筋も自然と見えてきます。「世の中を変えていく」、そこのダイナミズムを感じられることが、PRのおもしろいところなんですよね。 ───確かにPRの目的がメディア掲載になりがちな気がします。そうならないよう工夫していることはありますか? 岡山:やはり重要なことは、PRがしたいというクライアントさまに「ビジョンの達成につながるかどうか」を考えていただくことですね。宣伝できるのであれば、なんでも良いというわけではないですから。 &nbsp

株式会社ninoya

好きな仕事がどんどん舞い込むフリーランスになるには!? 海外を飛び回る若手女社長に聞く「好き」を仕事にしつづける秘訣 ~FluQuar inc.、SHELBEE代表取締役 Kyuyon Kimさん~

フリーランスになろう!独立しよう!と考えてはいるものの、すぐに行動に移せない……。そのネックになっていることは何でしょうか。おそらく、その1つに「どのように自分で仕事をつくっていけば良いのかわからない」というポイントがあるはずです。 今回、PRライターRaine Tairerが、「一時期は仕事が増えすぎて困ったこともある」というほどのフリーランス経験を経て、現在2つの会社を起業・経営されている女性社長、FluQuar inc, SHELBEE 代表のKyuyon Kimさんにお話を伺いました。 自分にしかない圧倒的な強みをつくり、次から次へと仕事が舞い込むようになるために。そして、好きな仕事を好きな場所でする自由な生活を送るためには、どうしたらいいのか。 海外を飛びまわりながら自分の好きな道を突き進むKyuonさんに、その秘訣を教えていただきました。 好きなことなら遠慮しない!「やりたい」を伝えよう ───どうしてフリーランスになろうと思ったんですか? Kyuyon Kim(以下、kyuyon):わたしの場合、本当に人や環境に恵まれていて、自然とフリーランスになる流れがきたんです。もし、急に会社を辞めて、いきなりフリーランスになりますっていう状況だったら不安だったかもしれないけれど、すんなり独立することができました。 そこにつながるまでには、まず、新卒で入った会社で海外志向であることを自己アピールをしまくっていました。そのおかげで、海外展開をする部門ができたとき名前をあげていただいて。 わたしは今も「海外で仕事ができること」を自分の強みにしているんですが、そのきっかけをつくることができました。 一方で、趣味の延長的にブログで海外情報を発信したり、海外のメディアの日本展開を手伝ったり、女性エンジニアコミュニティの日本版を立ち上げたり、いろんな活動を積極的にしていました。 そこから、徐々にフリーランスでやっていきたいという思いを抱きはじめて、そんなときあるベンチャー企業に転職することになったのですが、そこは個人事業としての副業も推奨してくれる会社でした。

株式会社ninoya

いますぐ始める価値がある。インフルエンサーマーケティングやインスタグラムを活用したPRは、ますます成長の兆し~3rd株式会社 代表取締役 川村匡慶さん~ - @ninoya_blog

さまざまなPR・マーティング手法がある中でも、ソーシャルメディアを使ったSNSマーケティングやインフルエンサーマーケティングに注目している企業は、多いのではないでしょうか。 SNSを活用したPRやマーケティングのコンサルティングを得意とし、ファッションECブランドのプロデュースなども手がける3rd株式会社。大手メーカーのSNSフォトコンテスト企画を担った際には、約7000件ものアクション獲得を成功させるなど、多数の実績を持ちます。 そんな代表取締役の川村匡慶さんに、PRライターNATSUMI KOBAYASHIとRaine Tairerがお話を伺いました。 誰に何を届けたいのか?なぜやるのか?本質に立ち返ることがPRの基本 ───PRについてさまざまな考え方があると思いますが、貴社が考える「PRする」とは、どういうことでしょうか? 川村匡慶(以下、川村):PRとは、基本的には「伝えたいものがあって、それを伝える」ということだと考えています。そのためには、拡散しようとする前に「誰に、何を届けたいのか」というサービスの本質に立ち返ることがいちばん大切です。 そこが明確になっておらず、拡散だけを目的としたことで、「費やした予算のわりにリターンが少ない」となってしまうケースが増えてしまっています。 簡単な例でいうと、インスタグラムでフォロワー数が多い女性にコスメやシャンプーを紹介してもらったとしても、実は男性フォロワーばかりだったとなれば、まったく意味がないですよね。 そういった失敗がないよう、自分たちの本質に1度、立ち返る。そのうえで「本当に届けるべき人に届く方法を選ぶ」というのが、PR戦略において、とても重要なんです。 ───「本当に届けるべき人に届く方法を選ぶ」というのは、たとえばどのようなことなのでしょうか。 川村:うちで得意としているインスタグラムを活用したPRでいうと、「なぜやるのか?」というPRの目的が、もし「今まで伝わっていなかった層にサービスを伝えること」であれば、相性の合うインフルエンサー(多くのフォロワーやファンを持つ人)を起用して紹介してもらうなどの方法がありますよね。

株式会社ninoya