Webライターが抑えておきたい、人を動かす文章を書くための5つの基本【Writer: ふじもとめぐみ】

PRライターのふじもとです。

Webライターの単価って、すごく開きがありますよね。
1記事1000文字のものでも2000円から、高いものだと数十万円単位のものまで。 

単価の違いの1つは、クライアントの収益に結びつけられる文章を書けるかという点にあります。
つまり、人の心を動かして行動を促す文章を書く能力が求められるということ。

人の気持ちを動かす文章には色んな要素があります。

今回は、特にWebの記事コンテンツを書くときの「基本的なポイント5つ」をご紹介します。


■目次
1 (1)ターゲットを見極める
2 (2)タイトルで“伝えるべきこと”を伝える
3 (3)構成を熟考する
4 (4)画像や見出しにもこだわる
5 (5)正しさよりも“伝わること”を追求する
6 人の心を動かす文章が書ける、Webライターを目指そう 


↓ 記事の全文を見る ↓