かみむら ゆい

記事一覧(85)

PRは、数値や売上目標にくわえて“長期的な信頼関係の構築”を目指すもの。PRプランニングのキホンとは?〜第2期 広報・PRプランナー&PRライター養成講座 第4回より〜

PRの手法が増え、選択肢はいっぱい。どうすれば、効果的なPRができるのか……。そんなお悩みをもつ企業や個人の方も多いのではないでしょうか。PRとは、世の中やクライアントなど、すべてのステークホルダーと中長期的に信頼構築していくこと。そのために、誰にどんなことを伝えたいのか。どんな手段をつかうのか。最適なPRの方法を提案するのがPRプランナーです。「第2期 広報・PRプランナー&PRライター養成講座」第4回めの講座では、PRプランナーとしての基礎力を身につけるため、グループごとに演習をしました。そこから学んだPRプランニングにおける大事な要素を、駆け出しPRライター&PRプランナー山崎春奈がご紹介させていただきます!PRのスタートは目標設定から。数字ではかれる基準もおろそかにしない今回の講座では、実際に自分たちが売りたい製品やサービスのPRをグループワークで実践しました。まずは、目標を設定することから始めます。なぜなら、PRプランナーは、ゴールにむかって最適な道すじを考える人。ゴールがどこかわかっていなければ、たどりつく経路を考えることさえできないですよね。いつまでに売上をいくらにしよう、ユーザーを何人にしようというような、期間ごとの目標設定は、はじめに考えないといけない大切なことです。5年後の目標は?では、その5年後のための1年後、そして半年後は?少しずつ逆算して目先の目標に落としこんでいきます。このときにポイントとなるのは、きちんと数字で達成基準をはかれる目標にすること。たとえば、健康にいいスイーツを売るなら、「若い女性に人気がでている状態」という目標では、漠然としすぎていて、具体的にどうなっていることを意味するのかわかりづらいですよね。一方、「売上100万円」のような、数字ではかれる基準を設定すると、そのためにどうすればいいのか、具体的な方法がみえてきます。こうして数字で基準を設定するものの、PRの効果は数字ではかりにくいといわれています。なぜなら、PRは、よりよい関係づくり、信頼関係の構築といった数字ではかりにくい指標も大切だからなんです。数字での基準はきちんと設定しつつ、数字でははかりきれないものまで創っていくのが、PRプランナーの重要な役割でもあるんですね。夢物語ではない最適なPRを。ゴールに導くための手段と予算は?目標が設定できたら、予算を確認し、ゴールにたどりつくための手段をきめていきます。たとえば、「1年後、新商品スイーツの売上100万円」を目標とします。どんな方法でPRしていけばいいのでしょうか?届けたい人たちに、どんな手段をつかって伝えていけば効果的なのでしょうか?PRの手段はさまざま。マスメディアとのリレーションだけでではなく、SNSやオウンドメディアといったオンライン施策、イベントや店舗などのオフライン施策などもあります。それぞれの商品やサービスによって、最適な施策は違いますし、手段ごとに予算も変わってきますよね。PRプランナーには、これらの手段の予算や特性をしっかり理解し、目標まで最適な方法でたどりつくためのプランニングをしていくことが求められるんです。なんとなくよさそうというという、ふわっとしたままだと、予算内におさまらない、予想とは違う広がり方になってしまったなんてことも。夢物語で終わってしまわないよう、中長期的、効果的なPR施策を考えていきます。こうして、「目標、期間、予算、特性」といった、いろんな要素にアンテナをたてながら、ゴールまで進めていくことができるからこそ、PRプランナーは必要とされるんです。今回の講座で学んだ、PRプランナーとしての大事な要素は、まだまだ最初の入口。PRは、知れば知るほど、奥が深くおもしろいと感じています。キホンをしっかり意識しながら、大切なゴールである、中長期的な信頼関係の構築へと導くことができるPRプランナーは、どんどん価値が高まっているんですね。次回のレポートもお楽しみに!(執筆:PRライター 山崎春奈)

PRの基本はコミュニケーション! 魅力が届く「伝え方」とは? ~第2期 広報・PRプランナー&PRライター養成講座 第3回より~

「直接的な広告や宣伝とはちがう方法で、そのよさを伝えたい」以前、仕事で商品のプロモーションにかかわっていた私は、イメージやストーリー性を伝えて製品のファンを作っていくことにおもしろさを感じていました。プロジェクトを離れてからもその感覚が忘れられず、「伝える」のスキルを磨きたい、いずれは会社員という枠を飛び出したい、と思っていたときに出会ったのが「広報・PRプランナー&PRライター養成講座」。PRを学び始めて1か月。講座の様子をオノミチコがレポートします。PRの第一歩は「自分の言葉で発信すること」1月から始まった講座も3回目。今回は「これまで学んだことや気づいたことをみんなの前で説明してみよう!」というゆいさんの呼びかけでスタートしました。PRとは? PRライターとは? PRプランナーとは??わかっているはずなのに、いざとなると説明できない。単語は浮かぶものの、説明しようとすると言葉にならない。もやもやしながら手元のノートを急いで見返していると、ゆいさんの声。「みんなめっちゃカンニングしてるやん!笑」メンバーの説明に、ゆいさんが補足や解説をしてくれて、「わかっているはずのこと」の輪郭がはっきりしてきます。「わかったつもり」では、何も伝えられない。「わかったつもり」から抜け出せているかは、自分の言葉でアウトプットできるかどうかがひとつの目安になるのかもしれません。ゆいさんのお話のなかで、私がいちばん気になったのは「これからのPRライターは質が勝負」ということ。書く力はもちろんのこと、時代を読み取る力、分析力、情報に対するアンテナ、センス。課題はいっぱいです。はじめてのPR体験で知る「伝えたかったこととちがう」の2つの意味PRについての復習や、言葉にすることのむずかしさを感じたところで、いざ実践。2人組になって、Aさんの趣味をBさんがヒアリング、その趣味をみんなにプレゼンしてPRするというワークをしました。何を話したら、素敵なところをわかってもらえる?どんな質問をしたら、魅力を引き出せる?何をどう伝えるのか。どう組み立てるのか。プレゼンを聞いた人に「自分もやってみたい!」と思ってもらうには?その場にいる人に、ファンになってもらうには?自分の趣味を話すAさんも、ヒアリングをするBさんも、真剣です。Bさんがみんなにプレゼンをしたあとは、Aさんから内容の補足とBさんへのフィードバック。そこで私はあるペアのフィードバックに衝撃を受けます。それは「(Aさんが)伝えたかったことと、(Bさんのプレゼンの)内容がズレていた」、というもの。よくよく聞いてみると、「いちばん伝えたかったメッセージとはちがったけれど、広げてもらえてよかった」という、「ちがってよかった」という意味だったのですが、私がとらえたのは「伝えたいことが伝わらなかった」というネガティブな意味。「伝えたかったこととちがう」には2つの意味があったのです。どちらが正解ということではなく、どちらもありえる。それがPRの難しさであり、おもしろさでもあるのかもしれません。PRライターの命は、戦略と情熱さらに、「(PRライターの場合)インタビューした人が言った言葉をそのまま書くのは、ちがうこともある」というゆいさんの言葉に、目からウロコ。私は「(話し手が)伝えたいこと」をそのまま正確に伝えなくてはいけないと思っていました。でも、そうじゃない。「伝えたいこと」の本質をとらえるだけでなく、PR的視点でいかに効果的に伝えるかが、だいじ。もしクライアントさんから「伝えたこととちがう」と言われたら、「PR的視点ではこちらのほうがいいです」と戦略にもとづいた提案や説明ができるように、とゆいさん。そうか、PRプランニングができるPRライターってそういうことか!PRのベースとなるのは、その対象の理解だけではなく、知ってほしい、好きになってほしいという想い。それは言いかえれば、「情熱」や「愛」なのではないかな、と思います。趣味プレゼンのとき、圧倒的な情熱をもって自分の趣味について語ったメンバーがいました。好きでたまらないという気持ちがあふれ、その熱に、もっと聞きたい、という思いを引き出されました。愛をもって、戦略を立てる。戦略にもとづいて、書く。聞く耳をもってもらうために、情熱をこめて語る。それがPRプランナーであり、PRライターなのかな、と私は感じました。みんなちがって、みんないい。最後に、ゆいさんから。「みんなの発表をきいて、反省することもあったかもしれない。でも、すべてバランスよくしようとしなくていい。いいところをいっぱい見つけて、そこを伸ばそう。よかったところを伝えてあげよう」いいところ、素敵なところ、魅力的なところ。それらを見つけて伝えることは、PRの原点でもあります。普段からこれらを意識することは、とても大切。講座終了後、メッセンジャーがメンバー同士のフィードバックで盛り上がりました。それぞれが感じたそれぞれの想い。おたがいが認めあって伝えあって、つながりが深くなっていく。「PRとは、かかわるすべての人たちとよい関係をつくること。信頼関係を築くこと」ゆいさんが講座の初日に教えてくれたことが、メンバー同士のつながりのなかでも活かされていきます。みんなちがって、みんないい。そんな言葉を強く感じた1日でした。(レポート:オノミチコ)

​クラウドワーカー・副業の先へ。フリーライターとして活躍したい人のための【現役ブックライター・PRライター・編集者キャリアセミナー】3月22日(木)銀座。YOSCA×itty selection

フリーランスに営業力はいらない。営業がニガテなら「PR」を学べばいい♡ 〜広報・PRプランナー&PRライターという生き方〜

こんにちは!itty selection Inc. かみむらゆいです。「営業、ニガテ!」と思っている人って、けっこう多いんじゃないかなって思います。フリーランスになりたい。でも、営業したくない。でも、フリーランスになりたい。でも、営業は、したくなーーーい!!!って、思いませんか?わたしは、そう思っていました。笑営業力がなくても諦める必要、ナシ♡タイトルに「営業力はいらない」と書きましたが、すみません、もちろん、あったほうがいいです。でも、フリーランスになるにあたって必須のスキルだとは、わたしは思っていません。営業できるようになれば、より安心して継続的にお仕事をつづけられるし、自分が「ここと仕事したい!」と思った会社と一緒に働けるというチョイスがあると、いっそうフリーランス生活が楽しくなります。でも、営業力がないから・・と諦めかけている人は、ご安心を♡PRできるようになれば、まったく問題なしです。「営業」と言っても、定義がいろいろだと思うので、この記事でいう「営業」はアウトバウンド(=こちらからコンタクトを取る)のイメージ。メールや電話をして、訪問して、サービス説明をして・・みたいなことだと思ってください。得意を活かして仕事につなげられる。それがPRのチカラまず、PRってなんでしょう?日本パブリックリレーションズ協会出版されている「広報・PR概論」によれば「望ましい関係を創り出すだめの考え方および行動のあり方」「相互に利益をもたらす関係性を構築し、維持する機能」だと書かれています。・・むずかしいので、いったん、忘れてください。笑わたしは、こう考えています。お仕事に関わるすべての人たちと「信頼し合える関係性」を「お互いにとってムリのないカタチで」「中長期的に」築いていくこと!!!それを目指した「コミュニケーション」をとっていくこと。そんなコミュニケーションを、継続・改善していくこと。それによって事業を成長させていくこと。それが「PR」です。「お互いにとってムリのないカタチで」って考えると、「営業ニガテ」なのに、ムリにそれに取り組むのはおかしいですよね。あなたに合った方法、あなたが得意な方法を、取ればいいんです♡PRできれば、インバウンドで仕事が舞い込む要するに、「PR」ってコミュニケーションなんですよね。コミュニケーションする方法って、今の時代、無数にありますよね?PRパーソンが携わるコミュニケーションは広範囲に渡ります。たとえば、イベントや記者発表を開催すること。ウェブサイトやブログやソーシャルメディアで情報発信をすること。チラシや会社概要をつくること……。事業を成長させるために、信頼構築していくコミュニケーションであれば、なんだってPRなんです。わたしは、会社設立前のフリーランス歴3年半ですが、ほとんど営業をしていません。ほとんどが、インバウンド(=相手からのご相談・お問い合わせ)です。もっとも多いお問い合わせ窓口はFacebook。次にメール。次にTwitterです。Twitterに至っては、仕事のことをほとんどつぶやいていなくて「お腹すいた〜」とかばっかり書いているのに、お仕事のメッセージがくるととっても恥ずかしい気持ちになります。「こんなちゃんとした人に見られてる!!恥」って。笑知ってもらうキッカケとしてはFacebookの投稿、取材していただいた記事、検索からWebサイトを見つけて、講演やセミナーなどが多いです。そして、これは、わたしの場合。あなたの場合は、あなたが得意な方法でPRをしていけばいい。PRに「こうすべき」は、何ひとつありません!!!「流行」や「ニガテ」に踊らされないでここで、もう一度、日本パブリックリレーションズ協会の言葉をお借りします。ちょっとほぐれてきたと思うので、むずかしい言葉ですが、読んでみてくださいね。笑PRとは「相互に利益をもたらす関係性を構築し、維持する機能」でしたよね。ここでポイントなのが「維持する」ということ。お仕事ですから、続けていかなきゃいけません。とくにフリーランスになるんだから、自分で仕事を続けられる状況をつくっていかなきゃいけない。だからこそ、自分に合う&自分ができる方法を探っていくことがポイントなんです!「今Facebookが流行っているから」とか「インスタやらなきゃついていけない」とか「最新のウェブデザインにしなきゃ」とか、そんなことに翻弄されていたら「維持」「継続」できませんよね。そして、ムリをしてニガテな営業をがんばってみても、心が疲弊しては、お仕事はつづけられません。「楽しい営業」をしよう♪わたしは、フリーランス時代、「売るために」営業先リストをつくって、メールを送って、電話して・・は、一切したことがありません。ただ「こことお仕事したい!」というリストをためておいて、「連絡してみよう!」とメールを送ることは、あります。2018年1月スタートの第2期「広報・PRプランナー&PRライター養成講座」プログラムでは「営業」についての講義もご用意しているのですが、うちで教えるのはこういうタイプの営業です。体育会系に「こんな企業を探して!」「こうしてリストアップして!」「こうやってメールして!」「1日何件電話してね!」ということは教えません。というか、わたしができないので、教えられません。笑フリーランスになるために、1つ安心材料を備えておいてもらう。やりたくなったら、できる。いざとなったら、できる。それだけを、目指します。PR力を磨けば、結局、営業力もついてくるそんなこんなで、インバウンドでお仕事が入ってくるようになると、自分の商品やサービスのことをお伝えする機会が増えますよね。そうこうしているうちに「こうすれば伝わるんだ」とか「お客さまはこれを求めて自分に連絡をくれたんだな」とか、自然にわかってくるようになります。すると、お問い合わせ対応して、お伺いしてサービス説明なんかをしているうちに、上手に自社について話せるようになってきます。つまり、営業力が勝手についてくるんですね。そうすればアウトバウンドで営業することにも、ニガテ意識がなくなっていきます。そういうわけで、営業がニガテな人は、まずはPRから学びましょう♡2018年1月からの講座では、一通りのPR施策を学んでいただいて、あなたに合ったPRを探していく&創っていくプログラムをご用意してします♪PRプランナーやPRライターを目指さない、「他にやりたいことがある」という人も歓迎です♪>>広報・PRプランナー&PRライター養成講座(2018年1月〜、第2期 開講)※今期のエントリーは2017年12月20日(水)までです。